はす視点

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
カテゴリ
アーカイブ
レンブラント
モバイル
qrcode
リンク
プロフ
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
マカロニグラタン
| 2019.02.09 Saturday | 20:55 | ごはん |

↑夜ご飯。夫の人特製☆マカロニグラタン。

 

↑チキンとホウレン草入り。めちゃうまー!

 

↑かをり巻。

 

↑生ハムチーズクラッカー。

 

 

↑今朝のブランチは、これがラストの富士宮焼きそば。

 

↑味噌汁。

 

雪は一応降ったらしいけど、うちの辺りはほとんど積もらなかったっぽい。

 

豚焼肉弁当
| 2019.02.08 Friday | 20:36 | ごはん |

↑夜ご飯。豚焼肉弁当。

 

夫の人は飲み会だったんだけど、早めに切り上げて帰ってきて。
帰りにメールしてくれたので、丁度いいから夜ご飯を買ってきてもらった。
「何か買って帰る?」「夜ご飯」という、丸投げ状態だったけども。
さすが夫の人、おいしいお弁当を選んでくれた。

 

ピェンローうどん
| 2019.02.07 Thursday | 21:49 | ごはん |

↑ブランチ。ピェンローうどん。

 

昨日のピェンロー鍋の残りを汁にして、うどんにアレンジ。
やっぱり醤油っぽい味が加わると、超うまくなるw

 

↑夜ご飯。ビーフガーリックライス。

 

お義父さん達がコストコで買ってきたやつを、上にも分けてくれた。
温めると、すんごいニンニク臭。。。
味はとても美味。
ゴロゴロのっかっているお肉も、食べごたえあっておいしい〜。
でもやっぱニンニク多すぎるわ。
1/10ぐらいでいいんじゃないかな。

 

↑ケンタのチキン。数年単位ぶり。うまい。重い。

 

ピェンロー鍋
| 2019.02.06 Wednesday | 22:13 | ごはん |

↑夜ご飯。ピェンロー鍋。

 

↑韓国春雨・お揚げ・お肉・白菜。

 

あと、シイタケも少し入っていたかな。
前回よりもゴマ油を減らしてくれたので、あっさりめな味。
はすはこれぐらいが好きかなー。
でも、醤油とか少し足したくなる感じw
やっぱゴマ油をたっぷり使うのがポイントなんだろうなぁ。

 

ホットサンド
| 2019.02.05 Tuesday | 19:33 | ごはん |

↑ブランチ。ホットサンド。中はチーズ&玉子。

 

↑夜ご飯。富士宮焼きそば。

 

↑あげかま・かをり巻。

 

富士宮焼きそば
| 2019.02.04 Monday | 19:46 | ごはん |

↑夜ご飯。富士宮焼きそば。

 

↑あげかま・かをり巻。

 

夫の人、インフルA。なーむー。

 

節分
| 2019.02.03 Sunday | 21:35 | ごはん |

↑夜ご飯。恵方巻。

 

縁起がどうこうより、おいしく食べたいので、切ってしまう派。

 

↑白菜スープ。

 

↑鶏肉のニンニク焼き。

 

昨日・今日と伊豆へ1泊旅行してきて、帰ってきてグッタリしちゃって。
はすが寝落ちしている間に、夫の人がご飯を用意してくれた。
そして今日は節分なので、

 

↑デザート。福豆。

 

開封したては、とても香ばしくておいしい。
あーでも、年の数だけ食べる元気は無いなぁ。。。
旅行の記事も明日書くことにして、今日は早く寝ちゃおう。

 

伊豆旅行2日目
| 2019.02.03 Sunday | 17:54 | おでかけ |

↑昨日と同じお食事処で、朝ご飯。

 

↑火にかけた小鍋には、湯葉。生卵をとき入れて、卵とじにして食べる。

 

↑ご飯を食べ始めた頃に、熱々のアラ汁を持って来てくれる。

 

↑メインは、沼津のアジの干物の焼き魚。これも焼きたて熱々!

 

↑こんな感じで、直前まで焼きながら持って来てくれる。いいよねー。

 

やっぱり魚が美味しい!大満足〜。
そしてまた、苦労して部屋まで戻って、チェックアウトまで寝た。

 

そもそも今回の旅の前、しばらく腰痛がひどくて。
それが良くなってきたと思ったら、風邪をひいて。
まぁ多少アレでも、はすは車で運ばれるだけだから。。。
あんまり予定を詰めないようにして、温泉でゆっくりすればいいよね。
と思って出発したのはいいけど、やっぱり具合が悪くて。
熱もちょっとあって、夫の人が風邪薬を選んで飲ませてくれて。
何とか昨日1日は無事に過ごしたけど、腰痛もぶり返してきて。
なので、はすが寝ている間に、夫の人が予定を組み直して。
はすは今日、基本的には運ばれて帰るだけ。
所々、寄るつもりの場所では、はすは車で待機、夫の人だけ少し観光。
あとは流れで、臨機応変に。。。

 

↑という感じで、ゆとりろ西伊豆さん、お世話になりました。

 

↑それでは2日目のドライブ、出発〜。

 

 

 

 

↑西伊豆スカイライン。今日も富士山が綺麗!

 

手前にある丘というか山が邪魔だけど、夫の人はアレに登りたいんだって。

 

↑西伊豆スカイライン 戸田駐車場。

 

↑戸田の町を眼下に見下ろす。

 

戸田駐車場から達磨山への登山道があって、登ると見晴らしが良いらしい。
はすはもちろん車内待機、カメラだけ託して夫の人をお見送り。

 

 


↑達磨山山頂より富士山を望む(撮影:夫の人)

 

ん〜〜〜、なかなかの絶景だね〜!

 

↑夫の人も満足したようで、ドライブ再開〜。路肩に雪。

 

 

 

↑自転車の人たちも居た。道路の真ん中で横並び。。。ひかれちゃうよ?

 

↑路面凍結!こわっ!

 

幸い前後に他の車がいなかったので、ゆっくりゆっくり通過しました。。。
道路がこんな感じになっている所、何ヶ所か通ったよ。

 

 

 

 


↑戸田の方へ下りて、海沿いの道へ出ると、また富士山が見えた。

 

 

↑さっきより雲が出てきちゃったね。

 

 

↑大瀬崎へ。

 

大瀬崎の駐車場に車をとめて、はすは車内で待機。
カメラを託して、夫の人は神社とかを見に行った。
ここから、夫の人が撮影した写真。

 

↑大瀬崎(琵琶島)と富士山。

 

スキューバダイビングのメッカでもあるらしい。

 

↑足元の海岸は、砂浜ではなく、岩場でもなく、玉砂利みたいな感じ。

 

透明度が高くて綺麗な海だね。
これは潜りたくなるなぁ。

 

↑琵琶島の概要。

 

大瀬崎は別名琵琶島とも呼ばれる、駿河湾に約1km突き出した半島。
国の天然記念物となっているビャクシン樹林が群生している。
半島の先の方にある池は、海がすぐそこなのに、淡水なんだって。
で、それが伊豆七不思議の一つなんだそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑以上、夫の人による大瀬崎の写真でした〜。お疲れさまー。

 

↑ドライブ再開。

 

↑昨日も通った韮山付近。イチゴ模様の柵かわいい。

 

↑道の駅 伊豆ゲートウェイ函南。自転車ラックがいっぱい。

 

ホントはここでランチ予定だったけど、駐車場が混んでいたのでスルー。

 

↑伊豆縦貫道で三島へ移動。

 

↑手打そば 砂場さん。

 

↑はすは冷たいおそばの「三味」。

 

かつおぶし、とろろ、イクラおろしの3つの味を味わえる。
つゆをかけて食べる、出雲そばみたいなスタイル。
ちょっとずつ違う味で食べられるのが嬉しい。
おいしかったー。ごちそうさまでした。

 

お腹が満ちたところで、ちょこっとだけ移動して、すぐ近所のスーパーへ。
そこで今夜のご飯と、富士宮焼きそばをゲット!ナイス!

 

↑ここから帰路。

 

↑伊豆縦貫道にのって、

 

 

↑長泉沼津ICから新東名へ。

 

↑御殿場の直前。富士山の見納め。

 

今回の旅では、いろんな場所から富士山が見えて、嬉しかった。
次の旅行は、体調が良いタイミングだといいなぁ。

 

伊豆旅行1日目
| 2019.02.02 Saturday | 23:59 | おでかけ |

久しぶりに伊豆へ1泊旅行。

 

↑東名にのって、静岡方面へ向かう。雪の富士山が綺麗だった。

 

 

↑沼津で降りて、市街へ。

 

↑最初の目的地、魚河岸 丸天さん。ちょっと早めのランチ。

 

↑はすは、団地定食。刺身5点盛りに、小鉢2つ、あら汁と。。。

 

↑いろんなお魚のアラの煮付けがセットになっている。

 

↑夫の人は、右のおまかせ定食。刺身と、フライ盛り合わせのセット。

 

夫の人のフライと、はすの刺身とアラ煮をシェアして、大満足だった。

 

↑韮山方面へドライブ。

 

↑見晴らしの良い場所では、富士山が見える。

 

↑Google先生に信号の無い農道を案内され、盲目的に従う夫の人。

 

この辺りはハウスが多くて、中は見えないけどイチゴらしい。

 

↑韮山反射炉へ到着。

 

↑世界遺産「明治日本の産業革命遺産」韮山反射炉。

 

この中で溶かした鉄を、鋳型に流して、大砲とか作っていたらしい。

 

↑物産館の前にある、江川英龍像。反射炉とツーショット。

 

若い頃の石橋貴明に少し似ている気がする。

 

↑ゆるキャラ発見。てつざえもん。。。

 

↑物産館の裏手。ふと見上げると茶畑があって、静岡っぽい!と思った。

 

↑そしてよく見ると、展望台っぽいものがありそう。

 

というわけで、夫の人にカメラを託して見送り、はすは物産館で待機。

 

↑韮山反射炉と富士山。(撮影:夫の人)

 

今日は快晴だったので、本当に富士山が綺麗に見えてラッキーだよね。

 

↑つるし雛。(撮影:夫の人)

 

こんなのもあったのね。まぁいいや。。。
といったところで、韮山を後にして、次の目的地へ。

 

↑修善寺へ向かう。

 

この辺りでもう、はすは体調が悪くて、いっぱいいっぱいで。
修善寺に着いても、車の中でグッタリしていた。
夫の人が何やら見て来ると言って出かけている間。。。

 

↑車の中から見えるおうちの屋根にとまった、大きな鳥を眺めていた。

 

↑今夜の泊まり、土肥温泉へ向かう。

 

↑道路脇に、雪が少し残っていた。

 

 

↑土肥温泉に到着。

 

↑「桜まつり」の旗に誘われて、ちょっと寄り道〜。

 

 

 

↑「土肥桜」っていうのね。

 

早咲きの桜のおかげで、まだ2月の初めなのに、もう春♪な気分〜。

 

↑宿へ到着。IRORIダイニング ゆとりろ西伊豆さん。

 

夫の人の好感度アップポイント、部屋の鍵が2本。いいね。

 

↑ロビーの真ん中に、オシャレ?な感じの囲炉裏が。

 

↑囲炉裏に向かって座ると、足元は足湯になってるの。

 

囲炉裏でマシュマロ焼いて食べたりできるらしいよ。スルーしたけど。

 

↑お部屋は和室。バルコニーには部屋付き露天風呂!わーい。

 

ロビーで足湯に浸かる暇があったら、お部屋で温泉に入るよね。
というわけで、夕飯前に、ひとっ風呂。ふぃ〜〜〜。

 

サッパリしたところで、夕飯のお食事処へ移動。
この食事会場が、体調不良のはすにはかなり遠くて、辛かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑食べたもの、いろいろ。

 

創作和食会席のIRORIダイニングは、全体的に若い人向きな印象だった。
周りを見ても、おじいさん・おばあさんとか全然いない。
うちら夫婦が既に、高齢な部類だったんじゃないかなぁ。
お刺身の時点で、ご飯持って来るかどうか、当然のように聞いてくれるし。
食事は酒の肴、ご飯は最後の〆なんて人、あんまり来ないんだろうね。
温泉宿の食事の「煮物」で、トマト煮が出てくるとは思わなかった。
ここの料理は、夫の人がとても気に入っていた。
はすももちろん、満足したー。
強いて言えば、せっかく伊豆だし、もう少しお魚が食べたかったかな?
でもそれを見越して、ランチに丸天さんでしっかり食べたからね。
今はホームページとかで、食事の雰囲気も先にチェックできていいよね。

 

食事処から部屋まで帰るのがまた、ゼィゼィいいながら一苦労。
部屋の前へ戻ると、ドアノブに作業中っぽい札がかかっていて。。。
ありゃ、ご飯食べ終わるの速かったか。
幸い廊下の隅に椅子があったので、腰かけて待って。
宿の人が出てきて、入れ替わって部屋へ入ると、布団が敷いてあって。
たまらずゴロン。

 

これでWiFiが使えるといいんだけど、部屋では使えないのが残念。
WiFi使えるの1階ロビーだけって、今時それはしょっぱくない?
せめて客室のある各階は、使えるようにしようよ。。。
と思いながら、iPod touchでゲームをする元気もなく、寝落ち。

 

しばらく経ってから、ようやく復活して、温泉にゆっくり浸かった。
はすのサイズ的に、熱いお湯は最初にあらかた流れちゃうんだけども。
熱いとすぐのぼせるので、はす的にはちょうど適温になる。
しかも夜になって気温が下がって、頭は涼しい微風に当たって。
そしてチョロチョロと熱い温泉が注ぎ足されて。
今!今すごくバランスがいい!このままずっと浸かっていられる。。。
と思って、危うくそのまま寝そうだった。
それくらい気持ち良かった!と、その時は思ったんだけども。
今思えば、やっぱり体調が良くなかったんだなーと思う。

 

体を拭いて、適当に部屋着をひっかけて、布団へ〜。
改めて横になると、体がすごくダルいのが分かる。
本格的に寝てしまう前に、熱を測ったり、水分をしっかり摂ったり。
そう、熱がちょっとあったから、体温計を持って来たの。
で、夫の人が試しに測りたいって言うから、貸してあげたら。。。

 

↑まさかの、34.97℃。なにそれウケるー。

 

ちなみにはすは、7度台の微熱だった。
まぁ薬が効いているのもあるのかな。
そんなわけで、1日目終了。
おやすみなさいー。

 

すき焼き風
| 2019.02.01 Friday | 21:41 | ごはん |

↑夜ご飯。夫の人特製☆すき焼き風。

 

↑生卵・ご飯。

 

↑たまごにお肉をつけて〜。。。うまうま!

 

ネギ・シイタケの代わりに、白菜・シメジ。
あとお揚げを入れたりとか、オーソドックスではないけどおいしかった。

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.