はす視点

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
表示中の記事
カテゴリ
アーカイブ
レンブラント
モバイル
qrcode
リンク
プロフ
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
シャインマスカット会
| 2020.09.22 Tuesday | 23:36 | ごはん |

今日は、ザキさんがブドウを持って来てくれて、一緒にお菓子を作る会。

 

↑今回のメインは、3種のブドウのゼリーケーキ。

 

↑インスタで見た、この辺のケーキを参考に。。。

 

左は、レアチーズとブドウゼリーの2層ケーキ。
右は、ベイクドチーズケーキタルトにブドウをトッピング。
これをミックスして。。。
ベイクドチーズケーキを土台に、ブドウゼリーを流して2層にするらしい。
夫の人がいろいろ考えて方針を決めた作戦、果たして成功するのか?

 

そんなわけで、まずは土台のチーズケーキ作りからスタート。
まず焼くのに時間かかるし、ゼリーを流すから冷まさないといけないし。
けっこう大変そう。。。まぁはすは前半寝てて、この辺はよく見てない。

 

ケーキを焼いている間に、ブドウを味見したりとか。
今回は、シャインマスカットと、長野パープルと、名前忘れた赤っぽいの。
それぞれ特徴の違う、そしてどれも美味しいブドウだった。

 

リンゴ飴みたいに、飴がけしてみたくなって、ちょっと試してみた。
でも気が焦って飴の煮詰め方が足りず、水飴みたいになっちゃった。
まぁそれはそれでおいしかったけど、コレジャナイ感。ごめんよブドウ。

 

こんなこともあろうかと?、夫の人が冷凍パイ生地を買っていて。
焼いたチーズケーキを冷ます間に、パイを作ってみよ〜ってことに。

 

↑3種のブドウのパイ。(撮影:夫の人)

 

↑3種のブドウのパイ。(撮影:ザキさん)

 

パイ生地でカップを作って、ホイップを絞って、ブドウをトッピング。
ホイップの甘さに全く負けない、ブドウの甘みの強さに感動。
パイのサクサク感とブドウのジューシーさの相性も良かった。美味。

 

そういうこしているうちに、チーズケーキの粗熱がとれたので。
夫の人がゼリー液を作り、ザキさんがブドウを並べて。。。

 

↑3種のブドウゼリーとベイクドチーズの2層ケーキ。(固める前)

 

かーわーいーいー♪
奥の方のは、ちょっと不思議な感じになってるけど。。。
砕いたビスケットを土台にした壁面が、ゼリー液をグイグイ吸ったの。
底だけに敷いた方が良かったかもね。。。
パウンド型に流した手前の方は、いい感じにできそう?
でもこの型、くっついて剥がれなさそうで怖いんだよなぁ。。。
まぁとにかく、出したり切ったりは、しっかり固めてからの話なので。
今日は食べるの無理かなー。
ザキさんには1台まるっとお持ち帰りしてもらおう。

 

まだブドウが残ってるし、ゼリー液は多めに作っていたので。。。

 

↑3種のブドウのゼリー。(撮影:ザキさん)

 

なかなか可愛くできたよね〜♪
ちょうどいいカップを持っていて良かった。
これも冷やし組なので冷蔵庫へ。

 

残ったブドウは、数粒ずつ。
そのまま食べちゃってもいいけど、はすの提案で。。。

 

↑3種のブドウ入りヨーグルト。(撮影:夫の人)

 

ヨーグルトはプレーンで無糖だけど、ブドウが甘いので問題なし!
フルーツとヨーグルトの組み合わせは鉄板のうまさだね〜。

というわけで、これにてブドウは使い切った。
たっぷり3種類のブドウをありがとうザキさん!

 

ひととおりの作業が終わり、しばしご歓談しているうちに暗くなって。
雨も降りそうだし、ゼリー類も少し固まりかけてきたようだし。
ザキさんの分け前を包んだり準備して、自転車で帰っていった。
ありがと〜ごちそうさま〜お疲れさまでした〜。

 

 

↑夜ご飯は、夫の人がチーズリゾットを作ってくれた。うまうま。

 

↑大根の浅漬け。

 

 

↑デザートに、さっき作った3種のブドウのゼリーを食べた。

 

半分にカットした方が食べやすかったかなーとは思うけども。
それよりも、まるのままのブドウの可愛さを優先。
彩りもさることながら、ほんと3種それぞれ違ったおいしさで、大満足。
はー。。。旬のフルーツはおいしいねぇ。

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.