はす視点

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
表示中の記事
最新記事
カテゴリ
アーカイブ
レンブラント
モバイル
qrcode
リンク
プロフ
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ピェンロー
| 2018.11.23 Friday | 22:29 | ごはん |

↑夜ご飯。夫の人特製☆ピェンロー。

 

ピェンローというのは、中国の白菜鍋。ってことでいいのかな?
ゴマ油の良い香りが、食欲をそそる〜。

 

↑具は、春雨・干し椎茸・白菜・豚肉・鶏肉。

 

白菜は、白い芯の部分を細切りにして、トロトロになるまで煮てある。
味付けらしいものは、干し椎茸のダシと、けっこうな量のゴマ油。だけ。
取り分けてから各自で、塩と一味を振って食べるものなんだそうな。
ダシは干し椎茸のみ、と言っても、お肉や白菜からも良い味が出ている。

 

これはなかなかうまい鍋だなぁ。
自分で好みの塩梅にできるのもいいよね。
でも慣れないせいか、ゴマ油の油っこさがどうしても気になった。
お高いゴマ油だったらいけるのかなぁ。
個人的には、ゴマ油をもう少し減らして、白菜と春雨を倍くらい入れたい。
そしたらもう別の鍋か。

 

夫の人は、「この油っこさがビールに合う」と言っていた。
はすの食事のお供は麦茶だけど、今日はたまたま小沱茶を淹れていて。
鍋の合い間に一口飲んだら、油っこい口の中が嘘のようにスッキリ!
中国の鍋には中国のお茶が合うってことか。。。
ぃゃぁびっくりした。

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.