はす視点

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
最新記事
カテゴリ
アーカイブ
レンブラント
モバイル
qrcode
リンク
プロフ
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
Aicu5.6新年会
| 2018.01.07 Sunday | 23:57 | おでかけ |

ももチンさんのお誘いで、カラオケ新年会へ参加してきた。

 

↑Aicu5.6の、懐かしの「踊ってみた動画」を鑑賞。

 

Aicu5.6は「Aice5」という声優アイドルグループの、ファンサークル。
クオリティの高いコスプレ?衣装を作って、着て、踊って、動画を撮って……
と、精力的に活動していたのが、もう8年前とかになるのかな?
当時、ニコ動とかにアップされた動画はいくつか見たけども。
今日見せてもらったDVDには、練習風景とかがいっぱい入っていて。
ものすごい熱心に練習していたんだなぁ〜と感心しきり。
これだけ何かを好きになって、湧いてくるパワーって凄いもんだなぁと。
はすは自分がそこまで夢中になれるものって、思い浮かばないですよ。。。

 

↑突然ですが、つまみ細工のヘアクリップ。

 

Aice5メンバーのイメージカラー(青・赤・紫・緑・黄)5色で作ったの。
しばらく前から、つまみ細工をやってみたくて、材料とか買ってあって。
あれをあーしてこーしたら…と閃いて、ちょこっと作ってみた。
おうちで、前髪がうざい時にでも使ってもらえれば…と思ってプレゼント。
すぐに、メンバーの5色!って気付いてもらえて良かった。

 


踊ってみたDVD鑑賞タイムの後は、通常のカラオケタイム。。。
の前に、れりさん情報で「面白いのあるよ」って教えてもらって。

 

↑バーチャルカラオケ。

 

デュエット曲を、画面の中の男性が一緒に歌ってくれるっていうw
コーラスが付いていたり、ハモってくれる機能とかは、前からあるけども。
ここまで徹底して「一緒に歌っている感」を演出しているのは、新感覚w
男性のタイプがイマイチだったり、選曲が古かったりするのが難点。
もっと新しい曲も入れてくれれば、面白がって利用する人も増えそう。
それとも、若い人はこういうの、面白くも何とも無いのかしら。

 

↑バーチャルカラオケ。女性が一緒に歌ってくれるバージョンもあり。

 

背景が、もろキャバクラな雰囲気だったよ。。。
普段その辺をご利用になる層を狙ったサービスなのかねー。
最初の1〜2曲、ネタ的に歌う(聞く)には、なかなか楽しかった。

 

そして通常のカラオケタイムへ突入。
歌うの久しぶりだったし、採点とか入れるもんだから、緊張したよ〜。
でもたまにこうやって声を出すと、何かがスッキリする感じ。
普段はせいぜい鼻歌ぐらいだし、大きな声を出すことも無いしなー。
フォールはいまだに謎。。。
フリータイムで楽しいひと時を過ごせました。
ももチンさん、れりさん、たーりん、イニDさん、どうもありがとうでした。

 


夕方、一足先に失礼して、夫の人と一緒にうちの方まで戻ってきて。
たまには外で飲みたいと言うので、2人で居酒屋飲み。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑食べたもの、いろいろ。

 

居酒屋だと1皿の量が程良いから、2人でもいろいろ食べられていいよね。
柚子胡椒を上手に使っているメニューがいくつかあって、おいしかった。
難しそうだけど、日々の料理に取り入れてみたい味だなぁ〜。
たまには、お外で飲むのも楽しいね。

 

関西旅行4日目
| 2017.12.08 Friday | 21:49 | おでかけ |

3泊4日の関西旅行も、今日が最終日。
あいにくの雨だけど、まぁ今日は帰るだけだからね。
夫の人は最後のひと踏ん張り、長距離ドライブよろしく〜。

 

↑客室のカーテンを開けると、冷却塔の向こうに舞鶴湾が見えた。

 

↑朝ご飯。みんなが受け取る基本セット。真ん中の魚が美味。

 

↑バイキング形式で、好きなおかずをプラス。

 

ちゃちゃっと身支度して、早々に出立。

 

 


↑舞鶴港近くの赤れんが倉庫を横目に見つつスルー。

 

↑道の駅 舞鶴港 とれとれセンター。ちょこっとお買い物。

 

最終日なので、生モノも買っちゃいます。
こんなこともあろうかと、発泡スチロール箱を積んで来たんだー。

 

 

↑市場の中は、こんな感じ。

 

夫の人は、へしこを買っていた。
はすは、練り物を少々。うふふ。

 

↑それから、和菓子屋さんへ寄ってもらった。「双鶴庵」さん。

 

↑鶴の里というお菓子を買った。あと他にも少々。

 

 

 

↑国道27号、綾部安国寺IC、京都縦貫道にのる。

 

↑京都の山は、ずっと霧がすごかった。

 

↑京丹波PA。道の駅 京丹波 味夢の里。お土産をいろいろ買った。

 

↑あとこれ買った。丹波の銘甘酒+純ヨーグルト。

 

ノンアルコールなので、夫の人も一緒に飲んだ。
味は、めっちゃおいしくて飲みやすい甘酒、という感じ。
でも、あれ?ただの甘酒じゃないよね?あぁヨーグルトかぁ!みたいな。
酸味があまり無いので、ヨーグルトっぽさが弱いんだなー。
口当たりは滑らかだし、甘酒苦手でもこれは好きって人いると思う。
うちの方でも売ってたらいいのになー。また飲みたくなりそう。

 

↑大山崎JCT。名神高速へ。

 

↑大津SA。昼ご飯休憩。

 

↑琵琶湖が見える(はずの)レストランで、ランチタイム。

 

↑生麩フライの近江牛そぼろ湯葉あんかけ丼。

 

生麩のフライが、すんごいモッチモチで、おいしかった〜。
あと、見た目よりも後からお腹にどっしりきた。
生麩って腹持ちがいいのかなぁ。

 

↑草津JCT。新名神へ。

 

↑四日市JCT。伊勢湾岸道へ。

 

↑豊田JCT。東名へ。

 

↑美合PA。休憩。

 

↑静岡IC。いったん高速を降ります。

 

スーパーへ寄って、好物の富士宮焼きそばの麺&ソースを購入。
それから、心許なかったガソリンを給油。これで安心して帰れるぞー。

 

↑再び、静岡ICから東名に乗る。

 

↑海老名SA。最後の休憩。ついでに鈴廣のあげかまも買った。わーい。

 

この後は、まぁいつもの感じでドライブして、無事に帰宅。

 

最後の最後に少し雨に降られたけど、基本的には天気に恵まれたなー。
心配した雪も大した事なかったし、うまい具合に雨の合間に観光できたり。
期間限定のイルミネーションとか、サンタダイバーに会えたりとか。
平日宿泊のおかげで、お部屋をグレードアップしてもらえたりとか。
虹も見て、ABSで命拾いもして、なんかいろいろラッキーだったと思う。

 

関西面白いね。ちょっと見回っただけだけど、楽しかった。
夫の人は、4日間の超長距離ドライブ、本当にお疲れさまでした。
良い旅だったー。

 

関西旅行3日目
| 2017.12.07 Thursday | 23:59 | おでかけ |

↑朝からしっかりご飯。しじみの味噌汁うまかった。

 

万翆楼さん、いいお宿でした。お世話になりました〜。

 

↑さらば三朝温泉。

 

今日のざっくり予定は、鳥取砂丘&砂の博物館、天橋立、泊まりは舞鶴。

 

↑出発早々、いきなり積雪&路面凍結コンボ。

 

↑ドキドキしながら走り、雪も無くなってホっとした頃に。。。

 

まさかのABS発動。
気付かなかったけど、路面が薄っすら凍結していたらしい。
盛大にスリップしたけど、どこもぶつけること無く、人も車も無事だった。
お義父さんに車を借りて良かった。
パッソだったら3回くらい死んでたよね。
夫の人の、とっさのハンドルさばきもすごかった。
ホントに、ガードレールだかポールだかにぶつかると思ったもの。
はー。無事で良かった。

 

↑気を取り直して。鳥取へ向かいます。

 

↑これは、いなばの白うさぎ、かな?かわいい。

 

↑砂丘トンネルを抜けると。。。

 

↑鳥取砂丘〜。駐車場。

 

↑来ました、国立公園 鳥取砂丘。

 

↑ふぉぉぉ!砂丘だ〜。

 

はすがまだ子どもの時、サハラ砂漠とかを知識として知った頃。
日本にも砂漠があるって聞いて。
暑い国じゃないのに、水いっぱいあるのに、なんで砂漠ができるの???
って、すんごい不思議に思ったんだよね。
正しくは、砂漠じゃなくて砂丘だったわけだけども。
こうして実際に見て、あぁそうか、砂浜の延長なんだ!って納得した。
別に不思議でもなんでもない事だったんだと思って、逆に衝撃を受けた。
いつか1度は来てみたかった場所なので、生で見られて感激もひとしお。

 

 

↑砂地で、しかもけっこう急な斜面。。。はすには無理だなぁ。

 

というわけで、はすは入口付近を散策するに留めて、夫の人だけ突撃。
しばらくしてゼイゼイいいながら戻った夫の人は、風紋とか撮れたみたい。
いいなぁ。でもはすは少し歩いただけで、足を捻りかけたからダメだわ。

 

↑隅の方に、雪の跡が。砂丘にも雪が降るんだ。。。

 

↑観光用のラクダもいた。

 

↑鳥取砂丘

 

↑砂丘を満喫した後は、すぐ近くにある砂の美術館を見学。

 

↑こんな感じの展示内容らしい。アメリカか〜。

 

↑うわ、アメリカだw

 

 

 

↑でっかくて、ポップで、分かりやすくて、アメリカだった。

 

↑上の階から見た館内の様子。

 

↑案内所の入口にあった小さな砂像。これが一番かわいいw

 

↑少し移動して、道の駅 きなんせ岩美。お昼休憩。

 

夫の人がカキフライ定食を食べたいというので。。。

 

↑いわみのおばちゃん家。こちらのお店でいただきます。

 

↑はすは日替わり定食を注文。

 

「イワシのピリ辛」というメニューで、写真も説明も無くて。
お刺身とかを、ピリ辛のタレであえたりしてるのかな?なんて思ったり。
実際は、イワシを開いて衣を付けて揚げて、ピリ辛のタレを染ませたもの。
イワシがふっくらした身でおいしい。ご飯すすんじゃう。
想像と全く違っていたけど、とてもおいしかった。ごちそうさまです。

 

 

 

 

↑日本海沿いや、山陰本線沿いをドライブ。

 

↑道の駅 あまるべ。

 

↑併設?の、余部鉄橋「空の駅」を見学。

 

↑赤い骨組みの、昔の鉄橋を壊す時に、足3本だけ残したんだって。

 

↑鉄橋の横にエレベーターがあって、橋の上まで上がって見学できるの。

 

↑余部鉄橋

 

すぐ横に、新しいコンクリ?の鉄橋があって、山陰本線が走っていて。
ちょうど見学している時に列車が通ったの、ラッキーだった。
橋の上は展望台も兼ねて、日本海が良く見えた。
はすは前知識も何も無くいきなり見学したけど、けっこう面白かった。
っていうか、明治時代にこんなの建てたなんて、すごいよな。

 

↑この後は、京都の宮津市へ向かう。

 

 

 

↑天橋立、ちょこっと見えてきた。山の手前の、濃い緑のライン。

 

↑天橋立ケーブルカー乗り場に到着。麓の府中駅。

 

↑天橋立ケーブルカーより天橋立を望む

 

 

↑けっこうな斜度を、グングン登っていく。

 

↑天橋立を一望できる、笠松公園へ到着。

 

 

↑股のぞき、してる人もいた。

 

↑夕焼けの中の天橋立、いい雰囲気だった。

 

↑笠松公園より天橋立を望む

 

再びケーブルカーに乗って下山、麓の近くに神社があるので、お参り。

 

↑籠と書いて「この」と読む、籠神社。

 

↑境内は撮影禁止だそうなので、鳥居の外から撮影。

 

そういえば、出雲大社でもそうだったけど、夫の人は御朱印をもらわず。
御朱印帳を忘れたからって言うんだけど、新しいの買えばいいのに。
まぁご縁があれば、また来ることもあるかな。。。

 

 

↑夕暮れの町を走り、今夜の宿、舞鶴へ。

 

↑ホテルアマービレ舞鶴。到着。お世話になります。

 

お部屋は、ごく普通のビジネスホテルなので、写真割愛。

 

夜ご飯は、近所の居酒屋さんかどこかで飲む予定。
お店の選定は、夫の人にお任せ。
ホテルでもらったペーパーや、ネットの情報などを調べて。。。
結局ホテルから一番近いお店に決定。
そしてそれが大当たりだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑飲んだもの、食べたもの、いろいろ。

 

もうね、何から何まで、全部うまいの。

近所にあったら通っちゃうね。って、夫の人も言ってた。

 

↑今日のおすすめメニュー。主にここから選んで注文した。正解。

 

↑「きらくや」さん。おいしい料理の数々、ごちそうさまでした!

 

ほろ酔いかげんで、ホテルがすぐ近くっていうのも最高。
部屋へ戻って、バタンキュー。

 

関西旅行2日目
| 2017.12.06 Wednesday | 23:59 | おでかけ |

↑ホテルのサービスのリーフパイと紅茶で、優雅なおめざ。

 

↑パイ生地のたい焼き。カスタードと白玉あん。

 

たい焼きは昨日、夫の人がいつの間にか買っておいてくれたおやつ。
サクっとした生地がおいしい。

 

さて、今日の予定をざっくり書くと。。。
大阪を出て島根県まで移動、出雲大社へお参りして、泊りは三朝温泉。
天気予報によると、鳥取方面が雪予報で、ちょっと心配なのよねー。
まぁとにかく、今日も夫の人は長距離ドライブです。よろしく〜。

 

↑ホテルを出発。阪神高速11号池田線にのる。

 

↑大阪市内を出るまで、ちょっと渋滞気味だった。

 

↑いよいよ中国道へ。車でこっちまで走るのは初めて。

 

↑西宮名塩SA。休憩。

 

↑朝ご飯。朝うどんとおにぎりセット。

 

こっちのうどんは、透き通るおダシが本当においしい。
3リットルぐらい飲みたい。

 

 

 

 

↑ひたすら中国道を走る。

 

↑落合JCT。米子道へ。

 

↑そして恐れていた看板が出現。トンネル出口付近ユキ注意。

 

そうは言っても、全然雪なんて無いじゃん?
写真のトンネルに入って、ドキドキしながら出ても、やっぱり晴れてたし。
そんな感じで、拍子抜けしながらいくつもトンネルを抜けて。。。

 

↑ひときわ長いトンネルが。これは期待大。

 

↑トンネルを出たら、雪は無いけど、タイヤのチェックが入った。

 

もっと写真撮れば良かったんだけど、1車線になって、減速して走って。
そしたら係員さんが数人待機していて、タイヤをチェックしてるの。
そんで、OKが出て旗を振られて、そのまま進めたのね。

 

うちは今回、お義父さんの車を借りてスタッドレスだったからOKだった。
パッソだったらダメだったよねー。
でもダメだったとして、どうなるんだろう?チェーンとか付けるのかな?
それか、この先ダメよーって、すぐ次のインターで降ろされるのかもね。
ってことは、この後いよいよ雪なのかなぁ。
っていうか、走ってるタイヤを見て、スタッドレスって見分け付くのかね?
とか何とか、車内で盛り上がりながら走るうちに。。。

 

↑ハイ来ました、雪です。

 

↑けっこう積もってるなぁ。

 

 

 

↑大山PA。休憩。

 

心配していた雪は、路肩に少し積もっていた程度で。
あとは時々、雨やら雪やらが一時的にパラついたぐらいで済んで良かった。

 

 

 

↑米子料金所を通って、山陰道へ。

 

 

↑松江JCT。

 

↑出雲IC終点。

 

↑あとは出雲大社の表示をたどって行けそう。

 

 

↑でっかい鳥居をくぐって。。。

 

↑松の参道。

 

↑銅鳥居。

 

そしてお参り。。。といきたいところだけど、まずは腹ごしらえ。

 

↑出雲そば。縁結びセット。おみくじと縁結びのお守り付き。

 

デザートのぜんざいも付いているのが嬉しい。
夫の人は、具の違うおそば3段のセットを食べていた。
はすのおそばは2段とも、海苔・ネギ・もみじおろしでシンプル。
でもこのもみじおろしが、ピリっとアクセントになって、いい感じだった。

 

↑おみくじは大吉。異性への優しさが倍になって返って来る日、だって。

 

↑「そば処 おくに」さん。ごちそうさまでした。

 

↑さて、いよいよお参り。まずは神楽殿。

 

出雲大社といえば、この大きなしめ縄の印象が強いんだけども。
これ本殿とか拝殿じゃなくて、神楽殿だったのね。

 

↑八足門でお参りした。2礼4拍手1礼。

 

↑御本殿をちょこっと拝見。

 

塀にそってぐるっと回ると、カッターの刃みたいな金具のついた建物が。
あれが御本殿だそうで、ツアー客の人達がガイドさんに説明を受けていた。

 

↑再び神楽殿。しめ縄を内側(裏側?)から見たところ。

 

↑近くで見るとホントでかい。長さ約13メートル、重さ約4.5トン。

 

お参りを済ませて駐車場へ向かう途中で。。。

 

↑ねこと遭遇。すんごい人懐っこくて、にゃーって言うと返事してくれた。

 

↑雨と晴れの境い目を通りながら出発。こんな時は、もしかして。。。

 

↑出た!

 

↑虹!

 

↑はすが虹で騒いでいる間に、夫の人は淡々と運転してくれます。

 

 

 

↑だいぶ日が傾いて、虹も薄れてきた。

 

出雲ICから山陰道に乗り、来る時に通った米子まで逆戻り。
米子からは、更に東へ進んで、大栄東伯ICで降りると。。。

 

↑日本海が間近に見える道に出た。

 

↑道の駅 大栄。ちゃちゃっと飲み物だけ補給。

 

ここから少し内陸へ入り、今夜の宿がある三朝温泉へ。
今日の泊りは、「三朝薬師の湯 万翆楼」さん。
お宿の外観撮り忘れた。

 

↑チェックインしてロビーで休憩。抹茶とお菓子を出してくれる。

 

このお菓子がおいしかったので、後でお土産コーナーで買っちゃった。

 

↑お部屋は、こんな感じ。広い。

 

ここでも、ちょっとランク上のお部屋にしてくれたらしい。
窓のすぐ外を流れる川の音がほのかに聞こえて、落ち着いた雰囲気。

 

↑部屋の鍵は2つ。夫の人の高評価ポイント。

 

↑食事は「個室料亭 花筏」にて。

 

旅館の中に、別の建物が組み込まれているかのような造り。
案内された個室は畳敷きだったけど、はすに嬉しいテーブル&椅子だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑食べたもの、飲んだもの、いろいろ。

 

やっぱ日本海が近いから、海鮮モノは間違いなくうまいよね。
前菜とかの細々した料理も、一つ一つそれぞれおいしかった。
ご飯が地元産の「きぬむすめ」っていうお米で、これがまたおいしかった。

 

 

↑お献立。

 

部屋へ戻ると、布団が敷いてあって。
たまらず横になると、ストンと寝落ち。
しばらく仮眠して、夫の人に起こしてもらって、日が変わる前に温泉へ。

 

三朝温泉は、世界屈指のラジウム泉質を誇る名湯だそうで。
放射能温泉は初体験だなぁ。
「湯に浸り、三日目の朝を迎える頃には病が消える」
というのが、三朝温泉という名前の由来らしい。

 

大浴場はそれほど広くはないけど、自家源泉かけ流しなのが嬉しい。
お湯に浸かった印象は、思ったより普通というか。
色や匂いも感じないし、お湯の肌触りも特別な感じはしない。
でもきっと効くんだろうと信じて、お湯の中で足を揉んだりしていた。
湯上り処には、源泉を飲めるように紙コップが置いてあって。
試しに飲んでみたけど、やっぱり無味無臭だった。
ラジウムだの放射能だの聞いて、変に期待しちゃっていたかもしれない。
ぼんやり光ってるのかなーとか、飲んだらビリビリするかなーとか。
我ながら発想が貧困だなぁw

 

部屋へ戻ると、さすがに体が芯まで温まった〜という感じがした。
あと、昨日ぐらいから鼻づまりとノドが痛かったのが、少し楽になった。
ゆっくり寝て、少しずつ溜まってきた旅疲れを癒そう。

 

関西旅行1日目
| 2017.12.05 Tuesday | 23:59 | おでかけ |

夫の人のリフレッシュ休暇を利用して、関西方面へ3泊4日の旅行。
移動は車だけど、向こうが雪予報なので、お義父さんの車を借りることに。
夫の人は慣れない車で大変だけど…スタッドレスタイヤで手間無し安心。

 

↑快晴の富士山を眺めつつ出発。工事渋滞の東名を避け、中央道ルートで。

 

↑談合坂SA。休憩。

 

↑双葉JCT。この辺りはまだ快晴だった。

 

↑雲がかかった山が多くなってきた。

 

↑岡谷JCT。

 

↑雪がぱらぱらっと降ってきた。

 

↑駒ヶ岳SA。休憩。

 

雪に降られたのは、ほんの一時で、あとは晴れ時々曇り。

 

↑オレンジ色の三角の木、かわいい。

 

↑小牧JCT。名神高速方面へ。

 

↑養老JCT。

 

↑多賀SA。お昼休憩。

 

↑近江名物ちゃんぽん亭。

 

↑昼ご飯。夫の人は近江ちゃんぽん(左奥)、はすは豚そば(右)。

 

豚のこってり脂を、ネギ&玉ネギのシャキシャキで、あっさり食べさせる。
スープもかなり脂っこく見えるのに、ごくごく飲めちゃってやばい。
ちゃんぽん亭なのにちゃんぽん食べなくてゴメンなさい。でもうまかった。

 

↑夫の人が、大阪で食べに行く予定だった「くくる」さんを発見。

 

↑たこ焼き。せっかくだから食べちゃおっか〜と言って購入。

 

やわらかくて、中がトロトロめちゃくちゃ熱いっっそしてうまいっ!
猫舌には天敵のたこ焼きだけど、これはガマンしてアツアツを食べたい。
食べたいが1個まるごといく勇気は無く、割り箸で半分に割りつつ食べた。
それでも熱いんだから、まるごと食べられるみんなスゲーな本当に。

 

↑たこ焼き食べて元気が出たところで、再出発。草津JCTを通って。。。

 

↑瀬田東JCT。ここで名神から京滋バイパスへ。

 

↑久御山JCT。第二京阪へ。

 

 

 

 

 

↑面倒なので割愛して、最終的に天保山出口で降りる。

 

↑観覧車だー。

 

↑海遊館へ到着。

 

↑アクアゲート。

 

↑コツメカワウソ
 

↑ナマズ系。

 

↑ピラルク。

 

↑カピバラ。ウトウトしてた。かわいい。

 

↑ペンギン。

 

↑ジェンツーペンギン

 

↑魚。

 

↑マンボウ。

 

↑ジンベエザメ。でっかい!そして大きさが写真では伝わらない。

 

↑太平洋の大水槽
 

↑アシカ&アザラシ

 

↑エイとジンベエザメ。

 

↑エイたちのたまり場

 

↑イワシの群れ。

 

↑イワシの群れ

 

↑ドーム型水槽に、カラフルな熱帯魚が泳ぐ。お子様に大人気。

 

↑クラゲ。かわいい。

 

↑チンアナゴ。シマシマの子、カメラ目線。

 

↑チンアナゴ水槽

 

↑アカウミガメ。

 

↑オウサマペンギン
 

↑グレート・バリア・リーフの水槽(お食事タイム)
 

↑ウツボが泳ぐ、グレート・バリア・リーフの水槽

 

↑大水槽のお掃除ダイバーさん。サービス精神旺盛。

 

↑サンタダイバー

 

↑こちらは期間限定のサンタダイバーさん。遭遇できてラッキー。

 

みんなが写真を撮り始めると、人懐っこい?魚が邪魔しに来たw
上手に避けて写真に写ろうとしてくれる、サンタダイバーのプロ根性。

 

メインの太平洋大水槽は深さが9mあって、円柱ではなく十文字の角柱。
その水槽の周りに螺旋状の通路があって、グルグル下りながら見学する。
通路の外側には、カワウソやペンギンやアシカ等それぞれ別の水槽がある。
上の階では陸上でくつろぐ姿、通路を下りて下の階では水中の姿が見える。
あーこれ、さっき見たやつの下の方がこうなってるんだねー。って感じ。
太平洋の大水槽は特に、いろんな種類の魚がいるので、上と下で世界が違う。
上の方は、ジンベエザメをはじめ、活発に泳ぐ魚たちがたくさん。

 

↑水槽の下の方は、動きがゆっくりの魚が多かった。

 

↑サメ溜まりとかもあったw

 

ここから新体感エリア。

 

↑下から見るアザラシ。親近感。

 

↑通路を進むと、水上のアザラシが間近で見られる。

 

↑イワトビペンギン。柵が低いので、すぐ目の前でペンギンを見られる。

 

↑しかしこの、手を広げた独特のポーズは何なんだろう。かわいい。

 

↑ふれあい体験水槽。サメとエイに直接タッチできる。しなかったけど。

 

↑お土産コーナー。かわいいぬいぐるみが山ほどあった。

 

というわけで見学終了〜。ぃゃぁ見ごたえあったなぁ。
海遊館は、ずいぶん前に1度来たことがあるんだけども。
でっかい水槽にジンベエザメが泳いでいたのだけ強烈に覚えていて。
あと細かいところはほとんど忘れていた。
まぁ水族館は何度見ても楽しいよね。

 

↑外へ出ると、ジンベエザメのライトアップが。

 

これも期間限定らしくて、ちょうど見られてラッキーだった。

 

さて、これから今夜泊るホテルへ行くんだけども。
18時チェックインのプランなので、それまで少しだけドライブ。
せっかくなので、大阪城をチラ見しようかと。

 

 

 


↑大阪城ーーー。チラっ☆

 

いい感じに見えそうな場所では、ことごとく樹木で隠れて見えないの。
良くできてるわーw
ライトアップされていたのはいいけど、はすのカメラではこれが限界。

 

↑チラ見で満足して、ホテルへ向かう。

 

↑リーガロイヤルホテル(大阪)。

 

↑イルミネーションがキラキラ素敵。

 

↑泊るお部屋。広ーーい!

 

↑広ーーい!

 

↑20階のお部屋なので、夜景もキレイ。。。

 

↑カードキー2枚。

 

平日宿泊なので、空いているからって部屋のランクアップしてくれた。
お高いお部屋は、しゅごい。。。
ベッドが広い、ソファーで十分眠れる、アメニティも超充実している。。。
夫の人のリフレッシュ休暇で平日旅行できるおかげだわー。ありがたや。

 

さて、夜ご飯は街へ繰り出して飲む予定で。
せっかく大阪だし、道頓堀とか行こうって言っていたんだけども。
だいぶ疲れたし面倒になっちゃって。
ホテルのサービスで、大阪駅までシャトルバスの無料送迎があると聞いて。
じゃぁそれ使って、大阪駅で飲もう〜ということに。

 

で、大阪駅へ行ったら、地下迷宮ですよ。
なんだろう、関東の方では見られない、異文化の雰囲気があった。
お店選びは夫の人に任せて、大衆酒場へ腰を落ち着け、飲み開始〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑飲んだもの食べたものいろいろ。親しみやすい味で、おいしかった〜。

 

↑「梅田大衆酒場H」さん。ごちそうさまでした!お姉さんかわいい。

 

↑駅ビルのでっかいクリスマスツリー。キラキラ。

 

↑梅田駅。

 

夫の人が、せっかく大阪に来たから、お好み焼きを食べたいと言い出して。
多賀SAで、たこ焼きはクリアしたから、お好み焼きも…と欲が出たのねw
〆には重い気がするけど、まぁお付き合いしましょう。

 

↑というわけで、〆はお好み焼き(左奥)と、ふわとろ焼き(右)。

 

夫の人は、お好み焼きのミックス玉を注文。
はすは、ふわとろ焼きの豚ふわとろ。

 

ふわとろ焼きは、小麦粉を一切使わず、山芋のみで仕上げた
ふわっとした食感のお好み焼きです。

 

という解説がメニューに書いてあった。
お店は入口すぐがオープンキッチンで、一番近い席に座った私たち。
具を焼いたり、生地を流したり、焼いているのが見えて、待つ間も楽しい。
ふわとろ焼きらしき生地は、ホントにフワフワな感じで。
途中までは、分厚いパンケーキを焼いているのかな?的な見た目だった。
焼き上がりを写真で見ると、どっちも同じように見えるけどね。
でも食べるとやっぱり全然違う。ふわっとしてる。
お好み焼きの方が、身が詰まってボリューム感がある。
どちらも捨てがたい、それぞれのおいしさだった。
あーこれはうまいねー。さすが粉モノの国だね!
とか話しつつ、結構お腹一杯だったのに、ペロっと食べちゃった。

 

↑鉄板焼・お好み焼き「あ・らん」さん。ごちそうさまでした!

 

満腹満足。さて、ホテルへ戻るシャトルバス乗り場は。。。

 

↑と思ったら、通りがかりに見付けちゃった!フェリシモ猫部のお店!

 

↑店内全部、ねこグッズだらけだよ〜。

 

これは立ち止まって買い物せざるを得ない。
ホントは1つ1つじっくり見たいけど、そろそろ体力も限界なので。
ざっくり見回して、マステとメモパッドと小さな袋を購入。
店員さんと少しだけ話して、東京でも出店してますよ〜と教えてもらった。
ヒキコモリなので、行かないと思うけど。。。
旅先でたまたま出会えてラッキーだった。

 

お腹も猫欲?も満足して、シャトルバスでホテルへ戻る。
考えてみたらこの無料送迎とか、ホント便利でありがたいサービスよね。
部屋へ入って着替えたら、酔いと疲れでバタンキュー。
良い旅の始まりでした。

 

飯能秩父ドライブ
| 2017.11.24 Friday | 23:03 | おでかけ |

 

今日は夫の人が、いつかの祝日の振替休日だとかで、会社お休み。
せっかく平日なので、土日だと混みそうな紅葉スポットへ行ってみよう!
というわけで、埼玉県の飯能方面へ、紅葉狩りドライブ出発〜。

 

 

 

↑東郷公園。

 

今週末、もみじまつりが開催されるらしい。
混雑を避けて、一足先に紅葉を堪能できるナイスタイミング。

 

↑駐車場の隅に立つ木で、既にこの紅葉!

 

↑駐車場すぐ脇の川沿いにも、ステキな紅葉スポットが!

 

なんかもう満足しちゃうレベルにキレイなんだけど。。。
期待を膨らませつつ、いざ公園へ。

 

↑東郷公園の奥には秩父御嶽神社があるので、鳥居が入口。

 

 


↑公園内を歩くと、さっそく目を引かれる紅葉が。。。

 

↑そして登山口。見上げる石段に心が萎える。

 

↑紅葉に元気付けられながら、ゆっくり登っていく。

 

↑ハイ来ました、紅の世界。

 

まだここ石段の序の口なんだけど、もう引き返してもいい位に綺麗だった。
(っていうか本当はもう帰りたい)

 

↑はぁ。。。真っ赤。

 

しばらく足を休めて、もうひと踏ん張り歩き出す。

 

↑キレイな紅葉の下は、人が途切れない撮影スポット。

 

まだ午前中ということもあって、人はまばらなんだけども。
おっこの木キレイだなーと思うと、人が集まってくるね。

 

↑手水舎へ到着。

 

 

↑少し高い場所まで登ってきたので、今まで見た紅葉を眼下に一望できる。

 

↑ベンチを発見。ここにも紅葉が。

 

手水舎の前のベンチへ座って休んだら、尻に根が生えた。
夫の人はとっくに先へ進んで、今頃神社へお参りしているだろう。
戻ってくるのをのんびり待つとしよう。

 

 

 

↑ぼーっと空を見上げると、頭上にも素晴らしい紅葉が広がっていた。

 

↑神社へと続く、更なる石段のふもとに佇む狛犬。

 

しょうがない、もうちょっと上まで行ってみようか。。。
と思ったら、夫の人が降りてきた。
で、はすが休んでいた手水舎の前、ここが一番紅葉がキレイだそうな。
じゃぁはすはもうここまででいいわ、十分堪能したし。
ここから夫の人と一緒に、紅葉を眺めつつ下山。

 

↑秩父御嶽神社の御朱印をいただきました。

 

ぃゃぁ思った以上に良い紅葉狩りを体験できて、大満足だった。

 

↑紅葉キレイだったねー!と興奮さめやらぬまま、次は秩父方面へ向かう。

 

↑申し訳ないけど、もうカビたブロッコリー位にしか見えない(酷

 

↑秩父神社へ到着。

 

↑着物姿のご婦人、帯が紅葉☆

 

↑神門

 

↑秩父神社。

 

↑神仏混交って感じの装飾。

 

↑御朱印いただきました。

 

↑大銀杏。そこはかとなくアレな匂いが漂っていた。秋だねぇ。

 

続いて、秩父神社の近くにある、秩父まつり会館を見学。

 

↑入館するとすぐ、笠鉾と屋台の展示室へ案内される。

 

暗い室内に笠鉾と屋台がそびえ立ち、バックにお祭りや花火の映像が流れる。
秩父夜祭の様子を感じてもらうための演出、ということらしい。

 

↑照明が点いてから改めて見ると、すんごい大きさ。

 

↑吹き抜けの展示室の2階から見た屋台。でっかい!

 

↑同じく2階から見た笠鉾。でっかい!!

 

笠鉾の方は、てっぺんの部品まで入れたら軽く10m超えるんじゃない?
そんでこれ、街中を引っ張り回すんだよね。。。
やっぱ電柱とか無いルートを確保してるのかなぁ。
とかいろいろ、夫の人と話しながら見学して楽しかった。

 

駐車場へ戻ると、どこからか汽笛?の音が聞こえた。
え?なに?あ、もしかしてSL?えっ?えっ?
って感じで初動が遅れてしまい。。。

 

↑とりあえず間に合った?SLの先頭車両。

 

遠くから撮った写真のトリミングだし、角度もアレなんで分かりにくいね。
こんな間近を走るなんて知っていたら、ダッシュ(早歩き)したのになぁ。
まぁ鉄分少なめの一般人は、こんなもんよね。

 

↑ほどよく昼過ぎ、わらじかつの「雅紀屋」さんでランチ。

 

↑とろろ丼ランチ。おそばのつけ汁を、秩父名物くるみ汁に変更。

 

おダシをたっぷりすり混ぜたとろろを、ご飯にぶっかけて、うまうま〜。
くるみ汁で食べるおそばも、今までにない味わいでおいしかった。
くるみの香ばしい感じじゃなくて、ミルキーな感じ?がするの。
うまかったなー、次はくるみ汁でおそば大盛り食べたいなぁ。
ちなみに夫の人は、名物のわらじかつ丼ランチだった。

 

腹ごしらえが済んだところで、再びドライブ。

 

↑道の駅ちちぶ。ちょこっと買い物休憩。

 

↑おやつ買ったよー。ちちぶ餅。

 

細長い形の大福餅。
ほどよい甘さのあんこを、ほわほわのお餅が包んで、これはおいしい。
夫の人がとても気に入った様子だった。
お茶がこわい。

 

↑通りすがりに立ち寄った JAちちぶ 農産物直売所 アグリマルシェよこぜ。

 

先月オープンしたばかりらしくて、小綺麗な印象。
幟はたくさん立っていたけど、道路から見えるのがお店の裏側なのよね。
なので、あれ?やってるのかな?って、一瞬ためらう感じがして勿体ない。
休日だとまた雰囲気が違うのかな。。。
とりあえず、おいしそうな野菜をいくつかゲット♪ふふふ。

 

↑柵?ガードレール?の装飾が、紅葉だった。かわいい。

 

 

↑今日のドライブ、最後の目的地。猟師工房さん。

 

外観撮り忘れたため、開店していない時の拾い画ですみません。

 

↑夫の人のお目当ては、鹿肉。

 

冷凍の塊肉をいくつか買っていた様子。楽しみ。
店内には、鹿の角を加工した装飾品などもたくさんあった。
普段あんまり見ない世界なので、面白かった。

ここから帰路。

 

 

 

 

秋の風景と、狭山の茶畑などを横目に走り、スーパーで買い物して帰宅。
んー。紅葉狩りも良いもんだねー。
いいドライブでした。

 

長くなったので、夜ご飯は別記事で。

 

ゆずちんの応援
| 2017.09.03 Sunday | 23:19 | おでかけ |

夫の人の自転車の師匠ゆずちんが、またまた峠を走るイベントへ参加。
前回は伊豆箱根周辺だったけど、今回は奥多摩周辺。
こないだドライブで行った「道の駅こすげ」が、スタート&ゴール。
今回のミッションは、イベント終了後のゆずちん&自転車を回収すること。
でもゴールで待つだけというのもアレなので、声援を送ってきたよ〜。

 

↑ゆずちん、がんばれ〜!

 

 

 

時を少し戻して、今朝。
午前中のうちに、週末の買い出しを済ませておいた。正解。

 

↑ブランチ。塩ダレひやむぎ。定温調理豚などトッピング。

 

ブランチを食べた後、給油と洗車をして、ゆずちんの応援へ出発。

 

↑信号待ちで止まる程度で、特に渋滞も無くスムーズに移動できた。

 

↑徹夜明けのはす、助手席でウトウト。。。気付いたら山の中。

 

↑風張峠で記念撮影している人がいた。

 

東京で一番高い道路、奥多摩周遊道路。
バイクの聖地とか、自転車の聖地とか、いろいろ言われるようで。
今日はイベントだから自転車が多いのは当然として、バイクも多かった。
あと速そうな車も時々見かけた。

 

↑なかなか素敵な眺望。奥多摩の緑は目に優しい。

 

↑小刻みなカーブで酔いそう。下りは自転車の方がもしかして速い?

 

夫の人は例によって、自転車アプリ?で、ゆずちんの現在地を確認。
この辺を走っているはず。。。

 

↑ゆずちん捕捉!

 

横をすり抜けながら、やっほー来たよーがんばれーと声をかける。
そのまま通り越して、先回りして、駐車場で車を降りて待機。
道路沿いの邪魔にならなさそうな場所から、動画を少し撮影した。

 

それからゆずちんは、もうひと走りするので、ゴールまでは時間がある。
とりあえずうちらは都民の森へ移動して、休憩することにした。

 

↑都民の森。森林浴をしながら散策できるコースがあるらしい。

 

夫の人は、滝を見たいと言って、小一時間ほど散策してきた。
はすはその間、売店の前のベンチで休憩。
夫の人のオススメ、カレーパンを食べたら、フカフカでおいしかった。

 

↑再び周遊道路を走り、ゴール地点へ向かう。

 

↑奥多摩湖。

 

↑ゴールまでもう一息!という辺りで、再びゆずちんを捕捉。

 

↑最後の声援。あとちょっとだよ、がんばって〜!

 

ゆずちんの横をすり抜けて、ゴールの道の駅こすげで待機。

 

↑ゴール付近の様子。スタッフさん達が、ハイテンションで迎える。

 

↑ゆずちん、無事にゴール!お疲れさまでした〜。

 

相変わらずゆずちんは速くて、楽しそうに走って、生き生きしていて。

よっぽど峠が好きなんだなぁと思う。

変態割とかどんだけ…って思ったけど、ド変態含めてけっこう居たしなぁ。

知らない人にも声かけられたりして、そういうところも師匠スゲーと思った。

 

ゴールの道の駅では、ゆずちんたちの自転車仲間、ちばさんが待っていた。
どうもはじめましてー。
あと、ザキさんという自転車仲間も参加していて、後からゴールするらしい。
ザキさん待ちの間に、ゆずちんとちばさんは道の駅の日帰り温泉へ入浴。

 

↑夫の人は、車にサイクルキャリアを取り付けた。

 

この新兵器で、ゆずちんの自転車を背負って帰るよー。
なんか微妙にグラグラしそうで不安だけど。。。大丈夫なのかな。

 

だんだん暗くなってきた夕方、ザキさんも制限時間内にゴール。
お疲れさまでした、完走おめでとうございます!
そしてザキさん、うちのけっこう近所にお住まいだそうで。
サイクルキャリアは2台乗るタイプだし、後部座席に2人乗れるし。
ザキさん&自転車も一緒に乗ってもらって帰ることになった。

 

↑サイクルキャリア、初の長距離運用で、いきなり2台積み。。。

 

↑ドキドキしつつ、こんな感じかな〜?と積載。

 

うーん、多少動いたりズレたりはあるかもしれないけども。
バンドで留めて、金具で引っ掛けてあるし、落ちる事は無いでしょう。

 

というわけで、バイクのちばさんとは駐車場で解散。
ゆずちんとザキさんを乗せて、うちの方まで夜道ドライブ。
ザキさん宅の近くで、路肩に停車、自転車を降ろして、ザキさん離脱。
ゆずちん宅へ移動中、どっかでご飯食べようって話になり。

 

↑ゆずちんオススメのラーメン屋さんで、塩ラーメンを食べた。

 

ほんのり磯の香りがするスープがおいしくて、あっという間に完食。
お腹すいていたらしい。
あと、やっぱ外にいたから消耗したのかなー。
何もしていないけど。

 

お腹が満たされたところで、ゆずちん宅の前まで送り届けて。
無事にサイクルキャリアで自転車を運べて、ホっとした。
キャリアを取り外して、ゆずちんに見送られて帰宅。
みなさん、それぞれにお疲れさまでした。

 

 

 

イベントこぼれ話。
多分イベント関係の人だと思うけど、ドローン使いの人がいた。

 

↑実物のドローン、初めて見た。

 

ゴール付近、みんなの頭上を、ぶいーーーんって飛ばしていた。
撮影もしていたのかなぁ?
はすはたまたま近くにいて、関係無いのに映っちゃ悪いと思って逃げたw

 

 

それから昼間、どこかの山道を走っていた時、サルを見かけた。
道路を横切って渡って、茂みに入って振り返り、こちらを見ていた。
夫の人と2人で、わーサルだったねー、サルいたねーって盛り上がった。
夫の人は、自転車に乗っている時、ほとんど動物と遭遇しないらしくて。
車じゃなくて、自転車に乗っている時に見たいんだよー!と言っていた。
でもリスとかならいいけど、クマとか遭っちゃっても困るよね。
今回サルを見たし、これで少しは気が済むといいんだけどなぁ。

 

群馬旅行2日目
| 2017.08.18 Friday | 23:48 | おでかけ |

四万温泉の温泉宿へ一泊して、翌日。
まだ全身の倦怠感はあるものの、昨日よりかなり元気回復した。

 

↑朝ご飯。朝からしっかりいただきます。

 

卵を器に割り入れて、奥の浅い鉄鍋で焼いて食べるスタイル。
割ってそのまま焼いて、目玉焼きにするも良し。
ときほぐして焼いて、スクランブルエッグにするも良し。
蓋をして、焼き具合もお好みでどうぞ、と。
宿で卵を自分で焼くのは初めてだなぁ。
目玉焼きにしてみた。ちょっと楽しい。
あと、まめじる(豆汁?)っていうのがおいしかった。
味噌汁なんだけど、豆乳が入っているのかな。
やさしい甘さで、夫の人もこれおいしいねーって言っていた。

 

↑部屋へ戻って、窓の外を眺める。

 

また山に霧がかかっているなぁ。。。
はすがボ〜っとしている間に、夫の人はササっと1人で温泉に入ってきた。
荷物をまとめて、清算を済ませて、宿を後にする。
なかざわ旅館さん、お世話になりました〜。

 

さて、今日の予定。
天気も悪そうなので、どこか立ち寄って観光という感じではなく。
例によって夫の人の自転車ネタで、渋峠に行ってみたいというので。
「渋峠を通って帰る」ことだけを予定として設定。
早く帰っちゃっても、それはそれでいいよね。ってことで、出発。

 

 

 

 

↑国道292号にのる。渋峠へ続く道。

 

夫の人は、一応いくつかプランを考えていたようで。
天気が良かったら、ここ寄ろうと思ったんだけどー。。。
と言いつつ、チャツボミゴケ公園も、草津温泉の湯畑も、スルー。
草津周辺なら、この先来る機会があるだろうから、またいつかね。

 

↑昨日に続いて、小雨と濃霧に遭遇。

 

 

↑悪天候の中、自転車で走る人たちを何度も見かけた。

 

渋峠は、標高2172m、日本の国道で最も標高が高い地点だそうで。
「自転車乗りなら一度は行ってみたい場所」って感じらしい。

 

↑霧が少し晴れた〜と思ったら、いつの間にか森林限界を超えていた。

 

↑中央分水嶺の標識を発見。

 

で、肝心の渋峠。
まだかねー。ん? あれー、今のとこ? あ、過ぎちゃったー。
という感じで、通り過ぎちゃって。
どっかでUターンしても良かったんだけど、写真撮るにもこの天気だし。。。
ってことで、そのままスルーしちゃった。

 

↑峠を越えて長野県側に入ったら、曇ってはいるけど雨は無し。

 

↑道の駅 北信州やまのうち。休憩。

 

↑売店で試食した、この温泉まんじゅうが美味だったので購入。

 

おやつに食べたかったので、いきなり開封w
残りはお土産。

 

↑いつ降ってもおかしくなさそうな、すごい雲。

 

↑道の駅 オアシスおぶせ。休憩。

 

ホントはここでお昼の予定だったけど、イマイチな感じでスルー。
せっかく長野へ来たので、おそば屋さんへ行くことに。

 

↑十割おろしそば。

 

少し時間が押して、お腹すいていたので、ペロっと食べちゃった。
うちらの次に入った人までで、十割そばが品切れ。
ギリギリ間に合って良かった〜。
まぁ二八そばでもおいしそうだったけどね。

 

↑十割そば あがれ家さん。ごちそうさまでしたー。

 

コンビニで飲み物補給、ガソリンスタンドで給油。
あとは帰るだけー。

 

↑須坂長野東ICから上信越道にのる。

 

 

 

 

 

 

↑長野から再び群馬へ入り、関越道で東京へ。

 

いつものスーパーへ寄って、ちょこっと買い物して帰宅。

 

ぃゃぁ、なんだかんだ天気は悪いなりに、雨に濡れることは無かったし。
曇っていたから、外を歩いても暑すぎるってほどではなかったし。
霧でどうかなーと思っていたラベンダーも見られたし。
四万ブルー綺麗だったし。
温泉気持ち良かったし。
今回も楽しいドライブ旅でした。
お疲れおつかれー。

 

 

↑夜ご飯。旅の終わりに、夫の人特製☆ソースかつ丼。

 

夫の人は今回の旅のどこかで、ソースかつ丼を食べたかったらしくて。
でも食べるチャンスが無かったので、自分で作るー!って。
スーパーでとんかつを買って帰って、これ作ってくれた。
タレがしょっぱすぎず、甘すぎず、いい感じでおいしかった。

 

群馬旅行1日目
| 2017.08.17 Thursday | 23:32 | おでかけ |

夫の人が夏休みなので、群馬へ1泊旅行することに。
朝から出発。

 

↑狭山PAで休憩。

 

家を出た時は曇天模様だったのが、この辺りでは日が差して青空も見えた。

 

 

 


↑圏央道、関越道で北上、沼田ICでおりる。

 

↑緑成分の多い景色に囲まれて、夏休み気分が盛り上がる。

 

空はまた厚い雲に覆われてきたけど、むしろ暑すぎなくてラッキー。

 

↑。。。とか思ったのも束の間、小雨&濃霧に見舞われる。

 

 


↑最初の目的地、たんばらラベンダーパークへ到着。

 

↑園内の様子。霧で上の方が全く見えないよ。。。

 

↑とりあえず、リフトで上の方へ移動。濃霧。

 

↑「記念撮影してまーす」オジサンを、逆に記念撮影してあげました。

 

↑リフト降り場周辺の広場から、ラベンダー畑を望む。濃霧。

 

ここより上は、リフトはあるけど動いていなかったので、自力で登山。

ラベンダー畑の間の小道を、ゆるゆる歩いて登っていった。

 

↑早咲きの種類のラベンダーは、もう終わっちゃった感じ。

 

↑山の中腹まで来て休憩。さらに濃霧。

 

はすが休んでいる間、夫の人にお願いして上の方の様子を見てもらった。

たくさんラベンダー畑が並ぶ中の、ほとんどは盛りを過ぎていた様子。
2区画ぐらい、なんとか残っているかなーという程度だったらしい。
じゃぁもうこの辺りまででいいやと思って。
あとはリフトで上ってきた分の道のりを、ゆっくり花を眺めながら下山。

 

↑これはブルーサルビア?

 

↑こっちが多分、ラベンダー。

 

ラベンダーの方は、地味で繊細な感じがする。
ブルーサルビアの方が、濃い発色で花も大きいから、見栄えはいいよね。

 

↑ひまわりが咲いている区画もあったよ。

 

↑なぜか、ものすごい倒れ方していたけど。

 

ひまわり畑を見ていた頃から、だんだん霧が晴れて日が差して暑くなった。
帽子を持ってくればよかったなー。

 

↑花が終わったラベンダー畑で、刈り取り?剪定?作業をしていた。

 

芝刈り機で作業中の土手の横を通ると、青臭い草の匂いがするじゃん?
あんな感じで、作業中の畑の横を通る時に、ラベンダーの強い香りがした。

 

↑ラベンダーソフトを食べて、休憩。

 

はすはラベンダーソフト苦手なので、えー買うの?って言ったけども。
夫の人が食べたがったので買って、2口だけ味見させてもらった。
ラベンダーソフトとしては、美味しい方なんじゃないかなぁ。
少なくとも、いつぞや食べたひまわりソフトより、はるかに美味だった。

 

↑下山中の風景。

 

予想外だったのが、これ。
リフトで上った道中2/3位は、木にさえぎられて景色が見えなかった。
その見えなかったエリアの大半は、花畑ではなく芝生の広場だった。
見えない所も全部花畑なのかなーと勝手に期待しちゃったw

 

ここはもともとスキー場で、ラベンダーパークは夏場の敷地活用っぽい。
ってことは、冬場は花畑の上に雪が積もって、スキーで滑るのか。。。
ラベンダーが傷んだりしないのかな。
それとも毎年、雪どけの後に植え替えたりするのかな。
なんて考えながら、小道伝いに下山していく。
薄日が差して、蒸し暑くて、かなり消耗した。

 

↑わんこもいっぱい見た。

 

なんかねー、ヤル気満々な感じのわんこが多かった印象w
ラベンダーの香りって、鎮静作用とかあるんじゃなかったっけ。
わんこには効かないのかしら。

 

 

↑パークへ入ってすぐ見えた、ここの花畑が一番きれいだった。

 

ラベンダーそのものを楽しむなら、もっと早い時期に来る方がいいね。
でもはすは強い香りが苦手なので、むしろ終わりかけの時期で助かった。
散策しながらふんわりラベンダーの香りが漂う程度で、十分堪能した。
花盛りの時期でも、ラベンダー畑を写真に撮るの難しそうだしなー。
最初は濃霧でどうしようかと思ったけども。
前半は霧に包まれた幻想的な風景、後半は霧が晴れて見晴らしのいい風景。
一粒で二度おいしいw感じで、ラッキーだったかもしれない。
そんな感じで、思っていたよりも楽しめた、ラベンダーパークでした。

 

↑ラベンダーパークのある山を下山中。下りは霧が晴れて良かった。

 

↑滝があったので、通りすがりに減速しつつ撮影。涼しそう。

 

 

↑道の駅 川場田園プラザ。

 

道の駅っていうか、小綺麗な何かのテーマパーク?みたいな場所で。
臨時で第6駐車場とかまであるぐらい、人気があるようで混雑していた。
本当はここで昼ご飯を食べる予定だったけど、どの店も行列状態。
一回りしてすぐ諦めて、少し離れた場所にある、うどん屋さんへ移動。

 

↑昼ご飯。肉汁うどん。

 

「平日ランチ限定、うどん食べ放題」のメニューの1つだった。
食べ放題だから選んだんじゃないよ、肉汁うどんがうまそうだったから。
と言いつつ、ペロっと平らげて、替え玉をいただきました。
ラベンダーパークで消耗した体に、元気補給〜。

 

↑夫の人が注文した、ひもかわうどんを味見。

 

幅4cmぐらいかな、薄くてヘロヘロのうどん。
すすって食べるのは大変なので、箸で送ってモグモグ食べる感じ。
こんなに薄いわりに、コシもちゃんとあって、おいしかった。
奥利根うどん本舗さん。ごちそうさまでしたー。

 

↑次の目的地へ移動。

 

↑柵のイラストが可愛い。

 

↑四万(しま)方面へ向かう。

 

↑四万湖へ到着。

 

 

↑中之条ダム。

 

放水は、5口あるうちの1口だけだったけども。
けっこうな勢いで大量に放水されていて、大迫力だった〜。
ダムの上の通路を渡ると、水しぶきがフワーーーっとかかる。

 

 

↑四万湖。

 

四万ブルーと呼ばれる、湖水の青色がキレイ。
ブルーというか、エメラルドグリーンっぽい感じに見えた。
こっちはまだ序の口?で、奥にあるダムが有名らしいので、そちらへ移動。

 

↑移動中、木々の間からほんの少し見えた湖。青い!

 

↑というわけで来ました、奥四万湖の四万川ダム。

 

↑塀の脇から湖面を覗くと。。。ふぁーーー!青い!キレイ!

 

↑はやる気持ちを抑えつつ、突堤を渡って移動。

 

両側の塀がそこそこ高くて邪魔で、歩きながら湖面が見えにくい。
中之条ダムみたいなフェンスだったらいいのになぁ。
突堤の中央付近に一部、塀じゃなくて柵になっているコーナーがある。
そこまで行って、柵の間から写真撮影。

 

↑奥四万湖。

 

↑四万ブルー。ステキ。

 

空は曇っているから、空の色が反射して…ではない、この青さ。
温泉の成分が混じっているから?という話。
日によって、色が違って見えるらしい。
今日はエメラルドグリーンっぽく見えるけども。
ブルーって呼ばれるくらいだから、もっと青く見える日もあるのかな〜。

 

↑ダムの放水路側は、こんな感じ。上からは放水具合が良く見えず微妙。

 

ところでこのダム、突堤を車で通ることができるそうで。
せっかくだから、ダムの上、通ってみようよ!
というわけで、湖を半分ぐるっと回って、突堤の向こう側へ移動。

 

↑移動中に、ちょこっと寄り道。しゃくなげの滝。

 

↑突堤の向こう側へ到着。いよいよダムの上を車で渡ります!

 

↑ぶい〜〜〜ん。

 

ハイ終了〜〜〜。
道路を走っただけで、湖とか全然見えないよ。
まぁ中央の一部、柵になっている部分だけ、青い湖面が一瞬見えたけど。
車で通っているから、ほんと一瞬よ、一瞬。
湖の側だけでもいいから、今からでも塀を壊してフェンスにしようよ。
せっかくの四万ブルーが、もったいないよ。
とブチブチ言いつつ、四万ブルー自体は本当に素敵で、良い体験だった。

 

↑今日の予定は終わり。宿へ向かう。

 

↑四万温泉。なかざわ旅館さん。

 

こじんまりした旅館で、客室が7つに対して、貸切風呂が4つ。
お風呂は空いていればいつでも予約無しで利用可、気軽に温泉三昧できる。
宿に着いて、夫の人と2人で、さっそく一風呂あびた。
腕がやけにヒリヒリするなぁと思ったら、かなり赤くなっていた。
ラベンダーパークで、実はけっこう日焼けしていたらしい。
普段ヒキコモリだから、日焼け止めとか全く頭に無かったわ。

 

っていうか、足から腰から肩から、全身が重怠い〜。
ふくらはぎが痛いとかの部分的な感じじゃなくて、重力3倍みたいな感じ。
って夫の人に説明しても、全然分かってもらえなかった。
部屋へ戻って、夕飯までゴロゴロ。

 

↑お待ちかね、夜ご飯。

 

 

 

↑女将さん手作りの、チーズ入りがんもどき。

 

かなり甘めの味付けで、夫の人がすごく好きそう。
チーズの感じは、正直よくわからなかった。
全体的にやわらかしっとり食感だったのが、もしかしてチーズ効果かも。
ゴマがすごく香ばしくて、いいアクセントになっていた。

 

↑お肉と野菜の温泉蒸し。お肉がやわらかくて美味だった。

 

 

↑ごちそうさまでしたー。

 

部屋へ戻ると布団が敷いてあって、辛抱たまらんで即寝落ち。
ひと眠りして起きてから、もう一度温泉に浸かった。

 

到着早々1回目の入湯時よりも、体のグッタリ具合が改善されている。
まだ疲労感はものすごいんだけど、さっきよりだいぶマシ。
やっぱ温泉のおかげかね。
無色透明、匂いも無く、トロトロな感じも無く、なんてことないお湯。
でもやっぱり温泉だけあって、効能があるんだろうなーと思う。

 

あらためて就寝。

 

甲府ドライブ
| 2017.07.01 Saturday | 20:06 | おでかけ |

夫の人と2人で、甲府方面へドライブ。

 

↑中央道を甲府方面へ。あいにくの雨模様。山にはすごいモヤがかかる。

 

↑談合坂SAで休憩。

 

↑談合坂SAにいた、謎のゆるキャラにもらった飴ちゃん。

 

後で調べたら、「武田菱丸」というキャラだそうで。
これ、プリントじゃなくて、金太郎飴方式の飴なのよ。
サイトのイラストと比べると、けっこう細かく再現されている。
良い出来だと思うし、なんかもったいない気がして、食べにくいw

 

■武田菱丸/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報
https://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/event/takeda-hishimaru.html

 

↑雨は途中でやんだけど、やっぱりモヤというか濃霧がすごい。

 

↑一宮御坂ICでおりる。

 

↑最初の目的地へ到着。

 

↑桔梗信玄餅工場テーマパーク。

 

工場見学や、お菓子のアウトレットのお店で買い物したりできる。

 

↑信玄餅を作っているところを見学。

 

↑ビニールで風呂敷包みする外装は、手作業なのね〜。

 

奥で4人ずつ対面で座っている人たち、めっちゃ包むの速かった。
この、信玄餅を包む作業の体験もできるの。やらなかったけど。
子連れに人気だった。

 

↑お土産コーナー。

 

うちらは、ここはスルーして、アウトレットの方でお菓子を少し購入。

信玄餅は結局買わなかったなぁ。。。まぁいっか。

 

↑信玄餅の詰め放題コーナー。

 

ちょっとやってみたかったけど、行った時にはもう予約終了していた。
観光バスとかも来てたし、この混雑だもんなぁ。
店外にも待っている人がいっぱい並んでたし、人気なんだねぇ。

 

↑皮つきのヤングコーン。初めて見た。

 

農産物を売るコーナーもあったので覗いたら、ヤングコーンを発見。
夫の人が買いたいというので、ゲット。

 

時間つぶしぐらいの気持ちで来たけど、意外に楽しかった。
大人になってから、義務感なく見る工場見学は、面白いね。

 

↑次の目的地へ移動〜。ピーチライン。

 

↑ピーチラインという名の通り、道の両脇には桃畑が広がる。

 

 

↑なんか山の方に連れて来られたんだけど。。。

 

あのね、先に書いちゃうと、桃狩りに来たのね。
でも予約していた農園の場所が、イマイチ分からなくて。
電話して迎えに来てもらった。
山の上にあった駐車場の辺りは、さくらんぼ狩り用の畑だったらしい。

 

↑農園の人に先導してもらって、桃畑へ向かう。

 

道は間違ったけど、いい景色も見たし、ドライブ的にはラッキーだよね。
とか話しながら、ぐんぐん下山していく。

 

↑桃狩り用のフルーツ園へ到着。

 

奥に続く桃畑で桃狩りして、この屋根のあるスペースで食べるの。
雨がやんで良かった。
そして、山の上の急斜面じゃなくて良かった!平地バンザイ!

 

↑園内の様子。脚立があるので、高い位置の桃も収穫OK。

 

↑キレイに赤く色づいた桃が、鈴なりだよぅ♪

 

↑こーやって、下からそっと持って、クルっとひねると取れます。

 

農園のお姉さんが、もぎ方を教えてくれる。
触っちゃうと、そこから悪くなっちゃうから、説明はジェスチャーのみ。
どれにしようか迷って、触っちゃったら、それ取って食べて下さいね。
とのこと。気を付けなきゃ。

 

それから、桃は下から見ると赤くても、上側がまだ緑だったりする。
その緑色が、熟してくると黄色っぽいクリーム色になるらしい。
良く見て、クリーム色のを探して取って下さい。とのこと。

 

↑桃の葉っぱが邪魔で見えにくいときは。。。

 

↑葉っぱをグイっとめくって見て下さいね。と。枝が良くしなるのね。

 

↑というわけで、桃、採ったどー!

 

ホント、軽い力でひねるだけで、枝から外れるのねー。楽しい。

 

↑ウブ毛を洗って、いただきまーす。

 

桃畑で、1人1個ずつ桃を取ったら、屋根の下のテーブルへ戻る。
桃を洗う洗面器、種とかを入れる屑入れバケツ、まな板とナイフがあって。
取った桃は、よく洗ってウブ毛をこすり落として、お尻から食べるそうで。
山梨の桃は、ちょっと固いのを、皮ごと食べるんですよー。という話。
抵抗あるなら皮を剥いてね、ということで、ナイフも貸してくれたけども。
とりあえず皮ごといってみたら。。。うっまーーーい!
確かに、家で食べるような桃と違って、固さはある。
でもそれが、ゴリゴリな感じじゃなくて、身が締まっている固さというか。
甘さもしっかりあって、こりゃおいしいわ。
ちょっと小ぶりなのも、丸かじりしやすくてちょうどいい。

皮は、はすは全く気にならず、夫の人も皮ごと食べて平気そうだった。

はー、うまかった。よーし、次いこう次!
(1個ずつ取ってきて完食してから次を取るルール。)

 

これどうかなー?まだ上が緑だよ。こっちの方が日当たり良さそう。
とか、いろいろおしゃべりしながら、桃を探して選ぶのも楽しい。
戻って食べて、あれ?さっきの方が甘かったーとか、それでも桃はおいしい。
一応発泡スチロール箱に、冷えた桃とオマケのサクランボも置いてあって。
それも味見してみたんだけど、やっぱ自分で取った桃の方が断然うまい!
というわけで、もっぱら自力で取っちゃ食い、取っちゃ食いしていた。
時間にして30分弱。
桃だけでお腹いっぱいになる日が来るとは思わなかった。
はすは果物の中で桃が一番好きなので、すんごいしやわせ時間だった。
はー。。。満足。

 

↑桃うまかったねー。と話しながら、ドライブ再開。

 

この後は、また夫の人のチャリ関連で。
ナントカを通ってナントカ峠を越えてナントカまで行って。。。
みたいな感じで(地名とか峠とか覚えられない)。

例によって、チャリで行こうと思うルートを通ってみたいらしい。

はすは桃狩りで満たされたので、あとはお任せ、ご自由にどうぞ〜。
というわけで、行きは高速で来たけど、帰路はひたすら山道を行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後には雨はやむと聞いていたけど、山の天気は別の話のようで。
雨じゃなくても頻繁に濃霧に襲われて、見晴らしが悪くて車酔いした。
「この辺、景色がすごく良いんだよー」

「この先、ぱぁっと眺望が開けて…」

と、夫の人が何度も寝言を言っていた。

景色も何も、霧で真っ白だよ。。。

 

↑道の駅こすげ。ちょっと遅いお昼休憩。

 

夫の人がチャリで来たことがあって、おいしいピザ屋があるそうで。
「いっぺん、はすにも食べさせてあげたくて」
って、ちょっと寄り道してきたらしい。わーい。

 

↑源流レストラン。店内にある石窯が可愛い。

 

↑小菅野菜と濃厚ミートソースのパスタ。

 

地元の野菜がいろいろ使われていて、特にジャガイモが美味だった。
パスタは細めで、具を楽しむのにいいバランスだと思う。
ただミートソースというにはミート感が弱いかな?
野菜が主役のメニューだね。
そしてその野菜が美味なので超満足。

 

↑ヤマメのアンチョビピッツァ。

 

石窯で焼いたピザ特有の、香ばしい生地のパリパリ感が最高。
「ヤマメのアンチョビソース」は、正直あんまり分からなかった。。。
時々、ん?これかな?っていう、塩気と旨味の濃い部分はあった。
それより、バジルソースが強いし、キノコとジャガイモが美味。
石窯焼きのピザいいなぁ、全部の種類を食べたくなっちゃうw

 

ぃゃぁ夫の人がはすにも食べさせたいと思って連れて来てくれて感謝。
パスタとピザを1皿ずつ注文して、2人でシェアして、満足まんぞくー。
偶然、両方に使われていたジャガイモがとにかくうまかったので。
道の駅の野菜直売コーナーで、思わずジャガイモを買っちゃった。
あと、多分ピザにのっていたキノコもあったので購入。

 

車に戻って、引き続き帰路の山道ドライブ再開。

 

↑なんか木の茂りっぷりがモリモリですごい小山。ロマネスコみたい。

 

↑奥多摩湖。

 

↑また濃霧&雨ー。

 

↑道の駅 八王子滝山。休憩。

 

何度か来たことあるけど、久しぶりに来たなぁ。

 

↑ジェラート屋さん。ここ来たら必ず食べている。

 

↑ジャンドゥイアと、れもんミルク。

 

ダブルのコーンが好きなんだけど、選べなくなっていたのが残念。
でもダブルがいいので、カップにしたら、ちっちゃいコーンが付いていた。
ジャンドゥイアは、ヘーゼルナッツ入りのチョコで、ヌテラっぽい味。
れもんミルクは爽やかな酸っぱさで、チョコの後に食べるとスッキリする。
どっちもおいしいけど、真ん中の所、いっぺんに食べるのは微妙。。。
シングルで交互に食べるなら、最高の組み合わせだと思う。

 

ん〜、〆のデザートが、食べたかったジェラートで、これまた満足〜。
で、この後は、いつものスーパーへ寄って帰宅した。
はー、いいドライブでした!

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.